学校からのお知らせ

なかよし班遊び 縦割り班で長縄に挑戦!

 2月8日は、健康体育委員会主催の縦割り班での長縄大会が行われました。1週間ほど前から班ごとに休み時間に練習を重ね、本番を迎えました。高学年の児童は練習の時から、下級生の背中をやさしく押してあげたり、「今だ。」と縄に入るタイミングを教えてあげたりして、みんなが楽しく安心して活動できるようにがんばっていました。児童の中には最初、縄に入るのが怖かった児童もいましたがだんだんと慣れて上手に跳べるようになりました。低学年の子が跳べると、みんなで拍手して喜び合っている姿がとても温かく、見ていてほほえましい光景でした。楽しい雰囲気で長縄大会が終えることができ、素敵な会となりました。

   

児童会執行部の認証式がありました

 2月6日(火)に、新児童会執行部の認証式が行われました。新執行部になった児童は認証書を授与され、全校の前で堂々と公約を発表していました。公約の中には、「あいさつが響く大原小学校」・「思いやりのある行動をとれる大原小学校」・「ひとりぼっちをつくらない大原小学校」という言葉がありました。大原小学校のリーダーとして全校を引っ張ってくれることを期待しています。また、今まで全校を引っ張ってくれた現執行部や6年生への感謝の言葉もありました。これから6年生は、下級生に大原の伝統を引き継ぐ大きな仕事が残っています。6年生の皆さん、卒業の日まで下級生へのためにどうぞよろしくお願します。

 

みんなでノリノリ、ダンシング! ダンス教室がありました!

 1月29日(月)と2月5日(月)にダンス教室が開かれました。1月29日は1~3年生、2月5日は4~6年生で行われました。講師に白石理恵さんをお呼びし、みんなで時間いっぱい体を動かすことができました。曲は、子どもたちが大好きな「スターマイン」というノリノリな曲です。白石先生が、子どもたちに分かりやすいように振り付けてくださいました。子どもたちは白石先生から目を離さず、1時間いっぱい楽しく踊っていました。寒い日が続く今日この頃ですが、汗をいっぱいかいて、音楽にのって体を動かすのはとても気持ちよかったことでしょう。

   

薬物乱用防止教室 6年生

 2月1日、学校薬剤師の鈴木先生をお迎えし、6年生で薬物乱用防止教室が行われました。たばこの害についてや、大麻や覚せい剤など、違法薬物について学習しました。興味本位でたった1回、そのような違法薬物を摂取してしまうと、強い依存性があるために日常生活を送ることができなくなってしまいます。また、脳へのダメージも大きいです。健康で幸せな生活を送るためには、そのような健康に害のある薬物は、絶対に手を出さないことを確認しました。また、最近のニュースで「オーバードーズ」という言葉を耳にしている方も多いと思います。「オーバードーズ」とは、「多幸感を得て精神的な苦痛から逃れようと、医師が処方した薬やドラッグストアで買える薬を大量に摂取すること」です。薬の大量摂取は命にかかわる危険な行為だということも、今回の授業で学習することができました。

  

4年生 暗唱発表、がんばりました!

 1月30日、今日は4年生の暗唱発表でした。冬休みから練習を重ね、4つの詩の暗唱に取り組みました。論語や髙村光太郎の詩を声をそろえて見事暗唱することができた4年生。自信を持った声が体育館いっぱいに響いていました。発表後の全校からの感想発表では、「声がそろっていて、すごかったです。」「〇〇さんの発表の仕方をお手本にしたいと思います。」など多くの感想が出され、4年生はとてもうれしそうでした。名文を暗唱し、声に出して読むことの心地よさを身をもって感じることができた4年生です。

    

 

歯みがき指導  ありがとうございました

    1年生・3年生・5年生と日にちを分けて「歯みがき指導」が行われました。学校歯科医である本多先生はじめ本多医院の方においでいただき、丁寧に指導していただきました。歯みがき指導は5時間目でした。いつも行っている給食後の歯磨きはあえて行わず、歯磨き指導が行われました。

    

    歯みがき指導では、歯垢の中にいるミュータンス菌などのむし歯をつくる菌が動いているのをモニターで見ることができました。また、磨き残しが分かるように歯垢の染め出しも行いました。青い色に染まっている部分はむし歯になりそうな古い歯垢、赤く染まった部分は新しい歯垢だそうです。児童は手鏡をもって自分の歯を確認しながら、自分の普段の歯磨きについていろいろ気付いたようです。その後は、本多医院の先生方の指導の下、ブラシの毛を垂直に歯に当て、一本一本丁寧にブラッシングしていました。どうぞ、ご家庭でも話題にしていただき、健康で丈夫な歯を保つように声がけをしていってほしいと思います。

大原は雪景色

    1月25日、寒波が襲来し大原も雪景色となりました。今年は暖冬ということもあり、雪で遊ぶことができなかった子どもたち。今朝は早速、外に出て思いっきり遊んでいました。雪合戦や雪上鬼ごっこ、雪だるまづくりなど、思い思いに雪遊びをしていました。「子どもは風の子元気な子」の言葉通りです。にこにこ笑顔で寒さに負けず遊ぶ子どもたちの姿を見て、こちらもパワーをいただきました。

    

算数の研究授業がありました 6年生

    1月25日、6年生の算数の研究授業がありました。授業では、一人一人が問題にひたむきに取り組む姿や、友達が発表するのを真剣に聞く姿が見られました。また、児童が自分の考えを黒板の前で発表したり、電子黒板に映し出された自分のノートを指し示して説明したりすることができていました。考えを交流することを通して自分の考えと比較し、より深く理解していく学習の道筋が見られる授業でした。みんなで学び合い、答えを見出していく対話型の授業がこれからの授業に求められていきます。この研究授業で学んだことを、さらに広め、深めていきたいと感じました。

    

なかよし班遊び ~昔遊び編~

  1月24日、なかよし班遊びがありました。今回は、昔遊びをテーマに、室内での遊びを行いました。6年生の班長が中心となり、カルタ・トランプ・イラストしりとり・輪投げ・だるまさん転んだ・ハンカチ落としなど、下級生が楽しめる遊びを決めて行いました。どの班も和やかに遊ぶ姿が見られ、心が温かくなりました。特にも、6年生がリードして、やさしく遊びのルールを説明したり、盛り上げたりする姿が見られ、大原小学校の良さが光っていました。これぞ、大原小の宝である「なかよしパワー」だと感じました。

    

音楽集会&大谷選手寄贈のグローブ披露

1月23日、音楽集会と大谷選手寄贈のグローブ披露がありました。

音楽集会では、久しぶりに全校が体育館に集まり、今月の歌を歌いました。司会進行や指揮は、6年生の児童が担当しました。いつも朝の会で、明るい歌声が響く大原小学校。音楽集会では、全校の歌声が合わさってさらにきれいな歌声が体育館いっぱいに広がりました。

   

  音楽集会後には、大谷選手から送られたグローブのお披露目がありました。全校の代表として6年児童がキャッチボールを見せてくれました。児童は、そのかっこよさに見とれているようでした。グローブは実際に児童に使ってほしいので、体育担当の先生から「使用するときのきまり」が伝えられました。感謝の気持ちを持ちながら、グローブを大事に使ってほしいと思います。